2009年06月28日

時には癒しのコーラスを

昨夕は市内のホールで行われたデューク・エイセスのコンサートにカミさんと一緒に出掛ける。
ダークダックス、ボニージャックスと言ったコーラスグループの中では、透明感とテンポのある歌声のデューク・エイセスの曲が気に入りで、名古屋でもコンサートを観た事があるが20年以上も前。
今回は久しぶりにライブでデュークの歌声を聞く事になる。

ステージの幕が開きデューク・エイセスの4人が現れるが、向って左端のトップ・テナーがいつものメンバーと違う事に気づくと、リーダーの谷氏から「トップ・テナーの飯野氏が入院し、復帰が困難」な旨の説明があり、会場に一瞬どよめきが走る。
飯野氏の代役として紹介されたのが、ミュージカルの大作「ミスサイゴン」にも出演された大須賀氏。

飯野氏には健康を回復し、是非復帰して頂きたい。
因みに飯野氏も、その前にトップ・テナーを担当していた谷口氏が倒れて新メンバーに加わった経緯があるが、谷口氏と飯野氏は雰囲気がよく似ていた為にメンバー交替時の違和感が無かった。
大須賀氏は今までのデュークのメンバーと少しタイプが異なる感じを受けるが、飯野氏が抜けた穴を埋めてファンを楽しませてくれると思う。

少し予想外の幕開きだったが、1曲目の「ジェリコの闘い」でリズム感溢れるハーモニーが会場に流れ始めると今日のコンサートへの期待感が膨らむ。
その後は、ヒット曲「女ひとり」、「おさななじみ」+「おさななじみ・その後」、「見上げてごらん夜の星を」、デューク日本の歌シリーズ、愛唱歌、旅の歌メドレー、アカペラ、黒人霊歌など20数曲が続き、コーラスの真髄を満喫させてもらう。

コンサート後は、耳に残る歌声の軽い余韻に浸りながら帰宅し、そのまま美味いビールを飲む。

posted by 酔〜いどん at 16:44| Comment(9) | TrackBack(0) | 小説・映画・テレビ・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

緑の水田

今日は熊谷も30℃を越える真夏日、炎天下で2時間半ほど歩くが暑さに慣れていない身体には少しこたえる。

ドームと田園.JPG米と小麦の二毛作が行われている熊谷周辺では、この時期に田植えが終わり田圃には緑の苗が整然と並ぶ。
つい1ヶ月前迄は黄金色に波打つ小麦が収穫の時期を迎えていたが、2〜3週間で耕し水をはった水田に苗が植えられ、一気に夏の景色に様変わりした。


スポーツ文化公園から離れ白く輝くドームを眺めると、少しオーバーかも知れないが田圃の真中にUFOが舞い降りた様にも見える。

UFOと言えば、今朝のラジオ番組で7月22日に46年振りに見る事ができる皆既日食(関東地方では約70%の部分日食)が話題になっていた。小学校の校庭で青い下敷きを太陽にかざして日食を見た記憶があるが、46年も前の事だったのだろうか。
※下敷き越しに太陽を見ると目を傷める恐れがあり、やってはいけないと今朝のラジオで説明していたが。

posted by 酔〜いどん at 14:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

奥日光トレイルランニング

今週末参加した奥日光トレイルランニングは、雨の予報をくつがえす天気に恵まれる。
昨日は早朝からヨッシーの父さんの車に同乗させて貰い大間々・足尾経由で日光へ向う。
奥日光を訪れるのは初めてでもあり、二日間の楽しみに期待感も大きい。

湯川.JPG宿泊先の湯元温泉の旅館に参加者13名が集合し、健脚コース組は旅館から、ショートカットコース組は三本松駐車場まで車で移動してから、それぞれ昼食予定地の「西ノ湖」を目指してランニングをスタートする。

自分は歩き主体で通す予定でいた為、ショトーカットコース組の皆さんと一緒に先ずはノンビリと喋りながら歩き出す。
新緑を迎えた樹林の中につけられた道をハルセミの大合唱を聞きながら1時間ほど歩き続けると、早くも小田代ヶ原手前で健脚コース組に追い越されてしまう。
その後は、歩きと軽いジョグの繰り返しで皆さんから大きく離れない様に心掛けながら西ノ湖に到着。
昼食は、美味しい山椒おにぎりを頬張りながら、緑の山々に囲まれた西ノ湖の光景を満喫する。
樹林を走る.JPG九輪草.JPG






昼食後はクリンソウ(てっきりフリンソウと思っていが)が群生する中禅寺湖・千手ヶ浜付近を案内して貰う。
九輪草を目にするのは初めてだが、名前の通り小さな赤紫の花が茎を囲む様にいくつも咲き、群生している様子は目を楽しませてくれる。
※帰宅してから調べ、九輪草の名前の由来は、五重塔などの先端部の九輪に似ているところから来ている事を知る。

千手ヶ浜で折り返し、スタート地点を目指して復路のジョグを始めるが途中の登り坂が思いの外きつくウォークングに切り替える。
緑に囲まれ風景を楽しみながらの歩きは気持ち良く、マイペースで三本松駐車場にゴールし一日(22Km)の行程を終える。

旅館へ戻り、イオウ成分が香る温泉に浸り足腰の疲れを癒す。
夜の宴会では和やかな雰囲気の中でミニカラオケを楽しみ、部屋へ引き上げてからの二次会は方言談義(?)で盛り上がる。

刈込湖.JPG今朝は朝食前の散歩を兼ねて皆さんと源泉まで往復するが、右の股関節に痛みが有り帰り道は歩行も少し辛い感じになる。
そんな状態だった事も有り、午前中の「刈込湖」迄のトレイルランは皆さんに追い越される事を予想して一足先に出発する。
少し歩き出すと心配していた股関節の痛みも治まり、快調なペースでハイキングコースを登り降りして、誰もいない刈込湖に先頭で到着。
四方を緑の山に囲まれ鳥のさえずりだけが湖面に響き渡り、辺りに神秘的な雰囲気を漂わせている。

光徳牧場の緑.JPG刈込湖からの復路は皆さんと一緒に歩いて旅館へ戻り、温泉に入り汗を流す。
二日間に亘る楽しく充実したトレイルランを終え、光徳牧場で昼食を摂り解散する。
今回の奥日光トレイルランニングを企画して頂きました「さんぽさん・みなちゃん夫妻」に感謝しています。
どうも有難うございました。

posted by 酔〜いどん at 20:22| Comment(12) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

久しぶりの快晴


遊具広場.JPG久しぶりに朝からの快晴、抜ける様な青い空。
曇天の空に目が慣れてしまったせいか、今朝のスポーツ文化公園は緑がまばゆい。

ジョギングコースを駆けるランナーや颯爽と歩くウォーカーが、公園の景色をより爽やかに感じさせてくれる。
遊具広場の木陰で持ち主を待つママチャリも、暇を持て余している様で日曜日の長閑さが漂う。

四季折々の花に目が留まり勝ちになりそうなジョギングコース脇の芝生に、最近ほとんど見る事がなくなった桑の木が大きく育ち実をつけている。
赤く熟れた実を見ると、一度ブログにも紹介した本庄シルクドーム前の碑に刻まれている金子みすずの詩「桑の実」を思い出す。
桑のタ.JPG
青い桑の葉食べて かいこは白くなりました
赤い桑の実食べながら 私は黒く日にやける

posted by 酔〜いどん at 21:51| Comment(12) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

別府沼公園にて


別府沼花菖蒲.JPGスポーツ文化公園でウォーキングした帰りに「花菖蒲」を観るため別府沼公園に立ち寄る。
今年は例年より花の開花状態がいい様で、白、紫、黄の花びらが緑色の株に囲まれ色鮮やかに見える。

この別府沼公園は、地元に以前から住んでいる人に聞くと名前の通り大きな沼を埋めて造られたとの事で、今でも公園内の南側に沼を残している。

この季節になると、その沼から「ブォー、ブォー」と低音の合唱が空気を震わせて聞こえてくる。
橋の上から草に覆われた沼を見ると、体調20cmほどの何匹ものウシガエルが緑褐色の姿を水面から覗かせている。
低音の鳴き声にドッシリとした風貌は迫力満点だが、飛び出た目と笑っている様な口元は意外にひょうきんにも見える。

少しひょうきんなウシガエルの写真もアップするつもりでしたが、中には苦手な方もいらっしゃるかも知れず思いとどまりました。
posted by 酔〜いどん at 21:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする