2009年08月30日

赤城大沼白樺マラソン2009


赤城大沼白樺2009.JPGこの夏最後の赤城は、「赤城大沼白樺マラソン大会」。
天気予報から雨を覚悟して車で家を出るが、上武道路からは薄っすらと赤城山の全容を眺める事が出来、どうにか持ってくれそうな空模様。
山麓から赤城大沼まで続く75のカーブを、ハンドルとギア(未だにマニュアルシフトなので)をせわしく操りながら登り、会場に到着。

途中にあった温度計測機は7時過ぎの時点で「16℃」の表示。
ランパン、Tシャツの出で立ちで車外に出るのは寒く、早く着きすぎた事もあり車の中で本を読みながら時間をつぶす。
8時過ぎにヨッシーの父さんと合流し、まる高のメンバーが次々と集る頃には薄日も射しランニング日和となる。

今回は20Kmの部に申し込んだが、1ヶ月程前にランを再開して初めての大会なので先ずは完走目標。
3周目、4周目の落ち込みが無い様に心掛け、スタートから2周目までは余裕を持って脚を運び、後半から徐々にペースを上げ、4周目は少しレースモードに切替えて気持ち良くゴールする。
今年のゴールタイムは1時間54分台、4年前の記録1時間27分台と比較すると、4年前の自分は、周回遅れで後1周を残す今年の自分を横目で見ながらゴールしていた事になる。
そうかと言って昔の走りにこだわっている訳では無く、その様なギャップを可笑しく思いながら楽しく走れる様になったから不思議だ。

今回は、ランを再開しレースで走れるまでになった事に感謝しながら、予定通りの走りも出来て満足の行く大会だった。
秋からのレースシーズンにも少しずつ大会を入れて、いいイメージで走りを楽しみたい。
赤城大沼白樺2.JPG
<今回の記録>
1周目:29分38秒
2周目:29分22秒
3周目:28分18秒
4周目:27分01秒


posted by 酔〜いどん at 18:04| Comment(11) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

まる高夏合宿in赤城

赤城大沼湖畔で行われた「まる高夏合宿(1泊2日)」に参加。
初めてこの合宿に参加したのが4年前、それ以来夏には欠かせないイベントになり、今年も東京、栃木、群馬、埼玉から赤城大沼に集まったランニング仲間の皆さんと大いに楽しむ。

大沼とボート.JPG初日は、宿泊先の青木旅館前に設けたエードに各自が持ち寄った食べ物・飲み物が準備され、エードで休憩を挟みながら自分に合ったペースで湖畔(1週5K)の周回走。
今回の最低ラインは4周を心づもりにして走り出すが、皆さんと一緒に周回を重ねている思いに励まされ5周をランで、最後の1周は缶ビール片手に湖畔の景色をジックリと満喫しながら歩く。
ランニングとウォーキングの後は船着場に寝転び、静かな波音を耳にしながら暫しうたた寝。

皆さん思い思いのペースで5時間ほど走った後は旅館へ戻り、さんぽさんが準備してくれた懐かしい大会やイベントのスライドを観賞し、夜は恒例の宴会でおおいに盛上る。

朝の散策.JPG2日目の今日は、肌寒く感じるほど涼しい大沼湖畔の道を経て覚満淵から鳥居峠を朝食前に散策。
旅館で朝食をとった後は、眼下に大沼・小沼を眺めながら地蔵岳(1673.9m)〜長七郎山(1575.9m)を巡る山歩きを楽しむ。

二日間共に好天にも恵まれ、今回も「走る」と言った共通の趣味で集まった仲間と楽しい時間を過ごす事が出来た。

旅館玄関.JPG旅館廊下.JPG






4枚の写真の内1枚に間違いが?

【ヒント-@】
1枚目は、1日目:大沼周回ランの途中
2枚目は、2日目:早朝の覚満淵散策時
3枚目は、2日目:山歩きに出発する直前
4枚目は、2日目:昼の入浴前
に撮った写真となっていますが。

【ヒント-A】
今週末も「赤城大沼白樺マラソン」で赤城大沼へ出掛けます。3周連続の赤城になりますが、今週末の天候はどうかな。




posted by 酔〜いどん at 16:20| Comment(17) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

赤城大沼湖畔ラン

先週のブログで「残り少ない夏、多少きつくても青空の下で真夏のランを満喫したいものだ。」と言った舌の根も乾かぬうちに、今日は涼しい赤城大沼湖畔を走る。

赤城損麓2009.JPG赤城を訪れるのは昨年の赤城大沼マラソン以来なので、約1年ぶり。以前と比べると上武道路が延びた為に、熊谷から赤城山麓までのアプローチに要する時間が短縮され赤城が近くなった様に感じる。
山麓からは車のエアコンを切り、窓から入る涼風を受けながらカーブが続く急坂を登る。長く続く坂道を登りきった直後に設置されている温度表示機の表示は9時半の時点で「20℃」、涼しい。

湖畔の駐車場に車を停め、標高約1,300m・1周5Kmの大沼沿いの周回道路をノンビリと走り出す。このコースは途中に急な登り坂が2箇所あり厳しいが、コースと景色が変化にとんでいて飽きる事なく周回を重ねる事が出来る。

大沼2009.JPG休日と言う事もあり、走りながら目につくのが周回道路脇に車を停めて黒檜山・駒ケ岳・地蔵岳と言った山々を目指す中年の登山者。
中には夫婦で山歩きを楽しんでいる方も多く、熟年夫婦による余暇の過ごし方の手本を見ている様だ。

湖面に水しぶきを上げて疾走するモータボート、オートキャンプ場でくつろぐ家族連れ、部活練習で颯爽と抜き去って行くランナー等を眺めながら、湖畔の林間コースを気持ちよく3周走る。

来週末は合宿、再来週末は赤城大沼マラソンと3週間連続で赤城大沼を訪れる事になり、今年も赤城の夏を楽しむ事が出来そうだ。

posted by 酔〜いどん at 21:39| Comment(10) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

白馬童子逝く

俳優の山城新伍さんが亡くなられる。
我々の年代だと、山城さんと言えば「白馬童子」の印象が切り離せないのは私だけでは無いと思う。
♪チャンチャンチャンバラリ チャンチャンバラバラ チャンバラリ〜
で始まる主題歌が流れると、テレビの前に釘付けになったものだ。
白装束・白覆面を身にまとい獅子を思わせる真白な髪をなびかせながら、切りかかってくる敵を二刀流で次々と倒す白馬童子の姿は、正に正義の使者だった。

白馬童子の放送が終わり暫くはその姿をテレビで見る機会が無かったが、クイズ番組等の絶妙な司会で再び活躍される事になる。
キャラクター的に面影は無くなったが、山城さんをテレビで見かけると無意識のうちに白馬童子を思い出していた。

無敵の白馬童子も病との闘いで逝ってしまう事になり、山城新吾さんのご冥福をお祈りします。

旧いアルバムにキャビネサイズの「白馬童子」のプロマイドが今でも残っており、二刀流を構えた白馬童子の雄姿と山城新伍さんのサイン(印刷)が懐かしいが、肖像権に触れるので写真のアップは控えます。
posted by 酔〜いどん at 19:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 小説・映画・テレビ・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

真夏のランを満喫したいものだ


曇天のスポ文公園.JPG今週末のランも曇天の下。
平日の夜間ランで街灯と車のヘッドライトを頼りに走っている身には、せめて週末は青空の下で走りたいが思う様にならない今年の夏。
「暑い、暑い〜」と口をついて出る言葉とは裏腹に夏は好きなのだが、少し物足らないままに立秋が過ぎ暦の上では既に秋。
残り少ない夏、多少きつくても青空の下で真夏のランを満喫したいものだ。
posted by 酔〜いどん at 22:01| Comment(5) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

蝉時雨が時雨に

豪雨や農作物への影響をもたらす空模様がいつまでも続く今年の夏、いったいどうなっているのか。

今朝も、先週日曜日の真夏日とはうって変わって外は厚い雲に覆われている。
8時半頃から降り始めた雨と今朝のNHKテレビ番組「小さな旅」で紹介されていた甲斐駒ケ岳登山を見て、ランを止めて映画「剱岳・点の記」を観に行こうかと思い上映時間を確認するが、
他の人気映画におされてか朝の早い時間に1回上映されるのみ。間に合うか微妙な時間だったのであきらめる。

雨に煙るスポ文公園.JPG小雨が降ったり止んだり程度ならシャワーランも良いかと気持ちを切り換えて、いつも通りスポーツ文化公園へ出掛ける。

走り初めは小康状態だった天気もジョギングコースの周回を重ねる内に雨模様に変わるが、途中から降り出した雨が汗と一緒になりランニングで熱った身体を程良く冷やしてくれて快適なランになる。
雨が降り出すといつの間にか蝉時雨も止み、静かな公園でシャワーランを楽しむ。

ところで、今日8月2日は語呂合わせでパンツの日だそうで、走り終えた後は雨と汗でビッショリ濡れたランニングパンツが存在感を十分に示していた。

posted by 酔〜いどん at 16:56| Comment(7) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする