2010年01月31日

「ベアリス30Km in 熊谷・立正大」を走る

風も無く暖かいランニング日和。立正大学構内をメイン会場に開催された「ベアリス30Km in 熊谷・立正大」に参加。

大会ハンドブック.JPGハーフ以上の距離を走る大会は何と4年ぶりの参加。と言ってもこの大会の主旨は、フルマラソンにつなげる為の30Kmトライアルと位置づけられている為に、タイム・順位を競うレースとは少し異なる。
まだ10Kmを走れる余力を残して30Kmをゴールする事により、フルマラソンを走るペース配分などのイメージつかむ事が目的。
参加者も定員1,000名と、多からず少なからずと言った程良い人数。

ワンポントレッスン.JPGまた、山西哲郎氏のレッスンやランニングクリニックと言った指導を受ける事が出来るのも、この大会の特徴。
スタート前には大学の校舎内で山西哲郎先生によるワンポイントレッスンが行われ、参加者も練習モード的な雰囲気になってくる。
背中に付けるゼッケンに各自が1kmのラップタイムを記入するのだが、何しろ4年ぶりの長距離なのでフルを意識したスピード感が判らず、とりあえず「5分45秒」と書く。このペースだと、30Kmのゴール予測タイムは2時間52分。

コースは1周5Kmの周回を6周、途中に500mほど続く登り坂があるので6回のアップダウンが後半にはボディーブローの様に効いてくる。
練習モードとは言え、大会なので皆さん自分で記入したラップタイムより早いペースになってしまう様で、周囲を見渡すと「5分30秒〜6分」と記入したゼッケンを付けている人が殆んどにもかかわらず、5分30秒のペースランナーを追い越してグングン前へ行く。
自分も楽なペースで余裕を持って走っているのだが、周回毎にペースが上がり6周を走って2時間33分5秒でゴール。
【5Km毎のラップ】
スタート〜5Km: 26分55秒
5Km〜 10Km : 25分53秒
10Km〜15Km : 25分42秒
15Km〜20Km : 25分29秒
20Km〜25Km : 25分22秒
25Km〜30Km : 23分16秒

6周目は一気にペースが上がり、もう10Kmどころか5Kmを走る余力も無い状態でのゴール。
と言う事で、大会に主旨に副ったフルマラソンのゴールを意識した走りは無理だったが、少し趣の変わった大会を楽しみながら良い練習が出来た。

posted by 酔〜いどん at 16:29| Comment(12) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

往き富士、帰り富士


富士1.JPG富士2.JPG






昨日は、名古屋市内で行われた姪の結婚式に出席する為に、最寄駅を始発電車に乗り東京駅へ。
東海道新幹線の車窓から、朝日を受け白く輝く富士山を眺めながら名古屋に着く。
姪の晴れの門出を祝福する結婚式・披露宴を終えてから、出席した親戚と一緒にマイクロバスに乗り1年半振りの故郷へ。
実家では、久しぶりに顔を会わせた兄弟・甥家族と結婚式の話等に花を咲かせながら夜遅くまで飲む。

今朝は午前中に墓参りを済ませて帰路につく。
今日も車窓からは、頂上から裾野を広げた綺麗な富士山の姿が。

※左の写真が昨日の往きに、右が今日の帰りに眺めた富士山です。

posted by 酔〜いどん at 19:20| Comment(10) | TrackBack(0) | 故郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

赤城おろしに舞う凧

午前中、スポーツ文化公園を走る。
今日も赤城おろしに吹かれながらのランだったが、陽射しが暖かく風も気にならずに気持ち良く汗をかく。
公園内の熊谷ドームでは市の成人式が行われており、会場周辺は振袖やスーツで着飾った新成人の姿で華やいだ雰囲気に包まれ、いつもの公園とは違う光景が見られた。
ドームに隣接した芝生広場では凧上げイベントが行われ、向かい風を受けた色とりどりのカイトや和凧が青空に舞い揚がり成人式に華を添えている様だ。
凧上げ1.JPG凧上げ2.JPG






ところで、大空で凧を元気良く泳がせていた「赤城おろし」について、この地に10数年住んで経験的に感じるのが、
・冬晴れの続く日
・早朝は無風状態でも9時頃から徐々に北風が吹き始める
・昼頃から午後にかけて、風が一段と強くなる
・このまま終日強風が吹くかと思いきや、何故か夕日が沈む頃にピタリと風が止む
のサイクルを繰り返す事が多いと言った法則(?)。
地元に永く住んでいる人からは勘違いと言われるかも知れないが、自分では週末のランニング時に、風が弱い時間帯を選ぶ上でこれを意識している。
posted by 酔〜いどん at 18:24| Comment(11) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

走り初め

例年通り、元旦の朝は全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)観戦で始まる。
穏やかな天気であれば尾島付近まで出掛けて沿道で応援する年もあるのだが、身に凍みる冷たい風に二の足を踏みテレビ観戦を決め込む。

激戦の駅伝の行方が気になりながらも、TV観戦の合間を縫って地元の氏神様へ家族揃っての初詣を済ませ気持ちを新たにする。

駅伝のゴールを見届けた後は、スポーツ文化公園で走り初めと考えるが吹きぬける寒風に気が変わり、最寄り駅から高崎線で本庄駅まで移動し自宅まで追い風で走って帰るコースに変更。

本庄駅前.JPGJR本庄駅で降り、駅前の正月らしい「七福神めぐり」の看板を横目に本庄市内を暫く走ると国道17号線に出る。ここからは、赤城おろしを終始追い風にして17号線を一直線に熊谷方面へ走るのみ。
雪雲に覆われた赤城山を斜め後にして、走るペースも自然にあがり、約20Kmを予定よりを早い時間で自宅に到着。
市民ランナー暦24年目になる今年も、先ずは順調なランで始まる。
posted by 酔〜いどん at 19:23| Comment(12) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする