2010年08月29日

赤城大沼白樺マラソン2010

3週続いた赤城大沼ランの最後は、赤城大沼白樺マラソンでこの夏の仕上がり具合を確認。

大沼の白樺.JPG早朝からY師匠の車にKさんと一緒に同乗させて貰い赤城山を目指す。
ここ数年はスッキリとしない天候が続いた赤城大沼マラソンも、今年は久し振りに晴天に恵まれて絶好のレース日和と言いたいが、今度は暑さが気になるからげんきんなもの。

会場に到着して、グンタマのメンバーと合流し暫く雑談した後、アップで心拍数を一度上げてスタートを待つ。

今回の目標は、昨年のゴールタイム1時間54分を少しでも縮める事。
前半から積極的に入り最後まで走り切れる走力が無い為に、スタートから2周目までは余裕を持って脚を運び、3周目から徐々にペースを上げる展開を心がける。

スタートして1周目の通過タイムが25分46秒、予定より早いが無理なく走れていた為にペースを維持して走る。
2周目までは、5分後にスタートした「10Kmの部」の早いランナーが追いついて来る為に、走路の邪魔にならない様に気配りをしながらのレースになるが、3週目以降はコース上はに「20Kmの部」のランナーのみとなり、自分の走りに集中する。
4週目の後半で腰が重くなるが、リズムを崩さない様に我慢して走り1時間41分台で無事ゴール。
秋のレースシーズンに向けていい感じの走りが出来、満足の行く大会だった。

<今回の記録>
1周目:25分46秒
2周目:25分28秒
3周目:25分08秒
4周目:24分45秒

posted by 酔〜いどん at 19:25| Comment(4) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

夜間のランニングに朗報


歩道.JPGいつも帰宅後の夜間ランニングコースとして利用している国道沿いの歩道が拡張されて、歩行者レーンと自転車レーンに分離された。

これまでに、ランニング中に無灯火で対向して来る自転車とぶつかりそうになりヒヤリとした経験が何度もあるが、これからは夜でも安心して走る事が出来る。

一方、歩道が拡張された為に写真右の芝生が削られて狭くなり残念な気もするが、この通りは某電機工場の正門につづく為に通勤時間帯は自転車の往来も多く、安全を優先すると致し方ないと言ったところか。

posted by 酔〜いどん at 14:12| Comment(6) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

今夏初めての赤城大沼

最近は暑さと闘いながらの週末ラン続きだった為に、今日は涼しさを求めて赤城大沼へ出掛ける。
赤城を訪れるのは昨年8月末の赤城大沼マラソン以来、約1年ぶり。
自宅を8時頃出て上武道路経由で赤城山方面を目指し、赤城山麓から大沼までの急坂をマニュアルシフト車のギアチェンジを頻繁に繰り返しながら登る。

大沼2010.JPG標高約1,300mの湖畔駐車場に車を停めると、個人やチームで来ているランナーの姿がチラホラと見られる。
ここ数年いつもお盆休みに大沼へ来ているが、今年は例年に比べてランナーが多い様な気がする。これも空前のランニングブームの影響か。

駐車場前の緩やかな下り坂をスタートし、大沼沿いの周回道路をノンビリと走る。
時々日差しは照りつけるが、湖畔を渡ってくる風がヒンヤリとして気持ち良く、暑さは気にならず心地良いランを楽しむ。
予定通り湖畔を4周(約20Km)走り終えて青木旅館へ車を移動し、旅館の風呂にユッタリ浸りながらアップダウンで硬くなった筋肉をストレッチング。
そのまま旅館で昼食をとり、暑い下界へ戻ってくる。

来週末は合宿、再来週末は赤城大沼マラソンと、今年も3週間連続で赤城大沼を訪れる予定。

posted by 酔〜いどん at 16:55| Comment(11) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

5年ぶりのフルマラソン申込み


夏空.JPG梅雨明け以降は週末もご多分にもれず真夏日・猛暑日が続いており、水分補給等の熱中症対策に充分注意しながらの週末ランが続いている。
最近は平日深夜ランの時間が捻出しづらい状況になっているので、どんなに暑くても週末は土・日共に20kmのランを課している。

平日ランの走行回数は減っているが、幾分腰の調子も良くなり1回の距離は踏めているので、9月以降は週末の走行距離を更に伸ばして11月にフルマラソンを走る事にする。
最後のフルマラソンが確か2005年の「第1回さのマランン」だったので、実に5年ぶりのフルになる。

今回申し込んだ大会は11月23日開催の「大田原マラソン」。
今年からコースが変更になり、フラットな周回(2回)から起伏にとんだ1周コースにリニューアルされるらしいが、先ずは打ち切り(38キロ地点、3時間40分)の関門をクリアしての完走が目標。
今の走力と腰の具合を考慮すると、微妙な時間ではあるが。

posted by 酔〜いどん at 17:27| Comment(10) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

ミニアフターランを楽しむ

このままゴールして、渇き切った喉に缶ビールをグビッと流し込めたらさぞかし美味いだろう。
炎天下のスポーツ文化公園を走りながらいつも思うのだが、車で来ているので当然アルコールは厳禁。
しかし、先日知り合いのランナーがノンアルコールビールを飲んでいるのを見て、「なるほど、この手があったか」と真似てみる。
見た目はビールでも味はいまいちと感じていたが、喉が渇き切っていれば期待出来そうな気がする。

今日は、ノンアルコール缶ビールと保冷剤を詰めたアイスバックを準備して木陰に置き、ジョギングコースを走り出す。
スタートした9時頃は朝の涼しさが残りそれほど暑く無いが、1周約5Kmの周回を重ねる毎に気温が上昇しているのが体感で分かる。
暑さに加えて湿度も高く全身から汗が滴り落ちる、熱中症に罹からない様にこまめに給水しながらのラン。

あまりの暑さに3周で止めようかと思うが、昨日一緒に走ったTさんが今頃は「奥武蔵ウルトラマラソン」を走っていると想うと、これしきの事で音をあげていては恥ずかしい。
それに、やはりゴール後の冷えたノンアルコールビールを美味く飲む為には、もうひと頑張りするかしないかがポイント。

予定通り4周20kmを走り終えて、そのまま木陰の折りたたみ椅子に身をまかせ、ノンアルコール缶の栓を開け冷えたビールを一気に喉へ流し込む。
乾いた砂漠に水が染み渡るような心地良さに、暫くは放心状態。
二缶目を開ける頃には、蝉しぐれを聞きながら時々木立を渡ってくる風を感じ、すっかり寛いでしまう。

と言う事で、今日は暑さを逆手にとりミニアフターランを楽しむ。

posted by 酔〜いどん at 16:32| Comment(8) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする