2010年10月24日

上州太田スバルマラソン


早朝の競技場.JPGハーフマラソンのスタート時刻7時45分は異例の早さと言う事もあり、駐車場へ車をスムーズに入れる為に暗いうちに自宅を出発して会場に到着したのが5時半頃。
会場周辺は未だ薄暗いにもかかわらず、照明に照らし出された陸上競技場にはランナーが続々と集ってくる。
空いている内に受付とコンビニで買い物を済ませ、軽食を摂り始める頃にはまる高の皆さんの顔も徐々に揃い始める。
公園内を軽くアップしトイレも済ませてスタートを待つ。

今日の目標タイムは1時間40分以内とし、スタート位置をいつもより前にとり、流れに乗ってスムーズにスタートする。
ところが、いつもよりハイペースで走り始めた感覚はあったのだが、1Kmの通過が4分52秒。
このままではゴールタイムは1時間40分をはるかに上回ってしまう筈なので心持ちスピードを上げてみるが、身体の硬い感覚が取れず5Kmの通過が24分13秒とペースは殆んど変わっていない。

そのうちエンジンがかかるだろうと考えながらペースを維持しながら走り続け、前半の山場となる金山の登りを越える。
金山を下りきって太田市街地へ入る10Km辺りからようやくギアチェンジが出来た様で、前を走るランナーを次々と目標にしながらペースアップをはかる。
後半は前を見据えて黙々と走っていた為にキロ表示に気付かず、ラップの確認が出来ていない状態だったが、前半の遅れを取り戻し1時間40分以内を狙える感じになる。

ゴールの競技場が在る公園を目標にして全力で走って来るが、最後に競技場を目前にしながら、公園内に入ってから盲腸の様なコースを折り返し走る1km余りは予想外。
ここで力が尽そうになってしまうが、どうにか持ち堪えて1時間37分2秒でゴール(燃え尽きたです・・・・)。
後半の追い上げが効を奏して目標の1時間40分内をクリア出来た様で、今の練習内容と腰の調子を考えれば上々の出来。

別府沼公付近.JPG次の大会は、いよいよ5年ぶりのフルマラソソン出場となる11月23日の「大田原マソソン」。
時間内完走の鍵は、やはり腰の疲れ具合になりそうな気がする。


1枚目の写真が暗すぎるので、大会から帰る途中の道路わきで見かけたコスモス畑の写真もアップしました。

posted by 酔〜いどん at 15:42| Comment(5) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

太田スバルマラソンコース(ハーフ新設)を試走

昨日スポーツ文化公園を走った折に、17日はサイクリングフェスティバルが開催され園内の通行が規制される旨の案内板が出ていた為に、今日はスポーツ文化公園でのジョグを見合わせ、その代わりに来週開催の太田スバルマラソンのコースを試走。

スバルマラソンは近場の大会なので十数年前からほぼ例年参加しているが、今年からハーフマラソンの部が新設された為にコース全行程を走ってみる。

金山JPG.JPG今回のコースで気になっていたのがコースの8Km付近にある金山越え。
太田市街の北側にそびえる金山を横断する道路がコースになっているが、実際に走ってみて登り坂の距離とペース配分を事前に掴む。
登り区間は約500m、序盤の勾配が少しキツイものの途中で一旦緩やかな登りに変わり、終盤で再び勾配が急になり「金山城址」の看板がコース最高地点の目印。
中盤の緩やかの登りを利用して一気に行けそうな感じもするが、10km以上残すレース後半を考えると此処は抑えた方が良いかも。

ハーフマラソンコース全行程を試走して、自分なりに押さえたポイントは以下の通り。
 @3Km付近の東武小泉線に架かる陸橋(序盤の為、あまり気にならないと思うが)
 A5Km付近の東武伊勢崎線に架かる陸橋(この陸橋越えは距離が長い)
 B前述の金山の登り
 C金山を越えた直後に800m程続く急な下り坂
 D終盤、富士重工敷地に沿って周回する直線区間3箇所(終盤の直線は精神的に辛い)

posted by 酔〜いどん at 16:17| Comment(6) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

【プラスα】第2回三国街道マラニック

先週の第2回三国街道マラニックのゴール地点「越後湯沢」で温泉に入った旅館、そこで昭和30〜40年代の懐かしい自動車や再現された風景に出会う。

ボンネットバス.JPGボンネットバスヤ内.JPG






上のボンネットバスは近隣で開催されるイベント時に運行されているとの事。
車内に入ってみると、板張りの床、リベット打ちの天井、文字通りの網棚がノスタルジーを誘う。
子供の頃は未だボンネットバスが主流だった為に、乗り合いバスはボンネット型、観光バスは箱型と言ったイメージを抱いていた様に記憶している。

キャロル.JPG360.JPG






左のマツダキャロル、中学生の時に英語の先生がキャロルに乗って通勤していたが、大きな体が運転席で窮屈そうに見えた。
フォルクスワーゲンの小型版と言った感じのスバル360、やはり「てんとう虫」の愛称が似合っている。

食卓.JPGたばこ屋.JPG






ALL WAYS三丁目の夕日にでてきそうな、昭和30年代の典型的な茶の間と街角のたばこ屋が再現された風景。
並べられたタバコの中央右寄りにある「しんせい」。子供の頃、親父の使いでよく買いにいったが、値段を調べてみると当時は1箱40円だが現在は240円(と言うか、未だ製造され売られているとは思ってもいなかった)。

posted by 酔〜いどん at 16:56| Comment(4) | TrackBack(0) | レトロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

第2回三国街道マラニック

三国街道に沿って日本海を目指すマラニックの第2回目。
今回は一泊二日の行程、初日は前回のゴール地点湯宿温泉から三国街道を辿り三国峠を越え浅貝温泉までの23Km、二日目は浅貝温泉から越後湯沢まで約24Km。
ヨッシーの父さんの緻密な下調べにより、一般の道路地図には表わされていない旧三国街道をなるべく忠実に辿る事が出来、往時に思いを馳せながら変化にとんだコースを走る。

【第1日目】
1日目の昨日は、国道17号線沿いの新治村湯宿温泉バス停にヨッシーの父さん、ランきちさん、えどまるさん、よ〜ぢくん、カヤッチさんと今回も車でサポートしてくれるラン姫さんが集合。

湯宿温泉の赤谷川に架かる橋を渡り、観光整備され旧街道沿いに工芸品の店が並ぶ「たくみの里」(須川宿)に立ち寄り、赤谷湖畔の遊歩道を走り猿ヶ京温泉を目指す。
赤谷湖畔から三国山方面を望み、これから越えてゆく三国峠の目星をつける。
たくみの里通り.JPG赤谷湖.JPG






猿沢の下り.JPG猿ヶ京温泉を過ぎて17号線を外れ旧道へ入り、うっそうとした杉林の中を歩く猿沢の下りを辿り、今も宿場の面影を残す旧い建物が道の両脇に建つ永井宿を通過する。
永井宿から17号線に戻って、国道を束の間走り右に分かれる山道に入ると、いよいよ本格的に三国峠を目指す登り道にさしかかる。
戦国時代に関東へ攻め入る為に、この細い山道を辿った筈の上杉謙信、上杉景勝、直江兼継などの武将と軍勢の姿を想像しながら歩いていると、踏みならされた山道に歴史の流れを感じる。

尾根に出て、旧街道沿い残る史跡に目を留めながら登り下りを何度も繰り返し、ようやく国境の三国峠に到達。
浅貝温泉へ.JPG三国峠から17号線までは石ころの下り坂になり、薄いランニングシューズの靴底から石ころの角を踏む痛さが直かに伝わってくる。足裏ツボのマッサージをうけている様な痛さに辟易した頃に17号線に下り立つ。
17号線の下り3Km程を気持ち良く走り、宿泊先の浅貝温泉に無事到着。
旅館の温泉にユックリと浸り、コテージで皆さんと気兼ね無く飲みながら楽しい一時を過ごす。

【第2日目】
少し霧雨模様の寒い朝を迎えるが、天気予報では今日一日は持ちそうなので心配は無い。ただ、上越地方で発生した地震情報を気に懸けながら越後湯沢までのランになる。

宿を出発し17号線の緩やかの登りを走り切り、三国小学校前を通過する頃には天気も回復し青空が望める様になる。
三国小学校から少し下った平標山登山口付近から二居宿、二居峠を経て貝掛温泉までは、トレイルランに最適な山道を快適に走りったり歩いたりしながら距離を稼ぐ。

貝掛温泉まで来るとゴールも徐々に近付き、後は17号線を縫う様につけられた舗装道路をひたすら走り、荒戸城跡を右に見て尾根を越えると岩原スキー場方面が見下ろせる場所へ出る。
後は湯沢を目指して一気に下り、13時頃に無事越後湯沢駅に無事ゴール。
越後湯沢方面.JPG越後湯沢へ.JPG







三国街道マラニックの難所と思われていた三国峠を越える事が出来、「走って日本海を目指す」がいよいよ現実味を帯び、次回以降が更に楽しみになって来た。


posted by 酔〜いどん at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする