2011年06月19日

梅雨時花巡りマラニック&聖天様参拝

昨日は、別府沼公園(花菖蒲)〜能護寺(紫陽花)〜妻沼聖天様(本殿保存修理工事完成)〜湯楽の里を巡るマラニックに参加。

午前9時、スタート地点の籠原駅前に集合したのは、マラニックメンバーに加えて日曜日の登山を控えて土曜日は車でサポートしてくれるY師匠。
天気予報は曇りのち雨だが、このメンバーが揃うと雨に降られそうな気がしないのが不思議。

別府沼公園までのコースは毎朝のジョギングコースになっているのだが、仲間と一緒に走ると見慣れた景色も趣が違って見える気がする。
別府沼公園の花菖蒲は見頃を迎え、見学者も多く色鮮やかに咲いた花が目を楽しませてくれる。例年に比べると株が揃っていないものの、丹精を込めて手入れされている方には頭が下がる(と言った気持ちになるハプニングがあり、思わず失笑)。
2011_0621画像0003.JPG

別府沼から4Km程離なれた「能護寺」までの約5Km余り(?)の道程は、コンバインで小麦の収穫が進む田園風景を眺めながら農道を走る。
能護寺の紫陽花もちょうど見頃を迎え、境内に咲く色とりどりの花が梅雨空に絶妙にマッチし風情を漂わせている。

能護寺を後にして一旦利根川の堤防に上がり、数年前に太平洋まで走った利根川マラニックを暫し思い出しながらサイクリングロードを走る。

本日三番目の目的地「妻沼聖天」では、サポートの為に車で先着して貰っていたY師匠からよもぎの味がする美味しい「草もち」をご馳走になり、保存修理が完了して間もない本殿を正面から見学し参拝。
10年ほど前に義母を妻沼聖天に案内し本殿の奥まで見学した時には、左甚五郎作の色褪せた彫刻に歴史の重みを感じたが、大修復により、当時の人々が参拝をした時に目にした光景と同じ煌びやかな本殿が甦ったことになる。
2011_0621画像0009.JPG 2011_0621画像0025.JPG
*************(能護寺)***********************(妻沼聖天)**************

妻沼聖天に参拝した後は途中「めぬま道の駅」に立ち寄り、「湯楽の里」を目指して旧東武鉄道熊谷線廃線跡の「かめの道」を走る。

予想通り(?)雨に降られる事もなく「湯楽の里」に全員無事にゴールし解散。
温泉で汗を洗い流した後は、ヨッシーの父さん、ランきちさんとラーメン屋で生ビール・チューハイと杯を重ねながら四方山話に花をさかせる。

菖蒲の花から始まり四方山話で咲かせた花まで、花巡りマラニックで一日を楽しむ。

posted by 酔〜いどん at 18:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

突拍子もないストーリーだが

某コンビニからテレビドラマ「JIN-仁-」とタイアップして販売されている「安道名津」(あんドーナッツ)。
番組の中で、主人公の南方仁がタイムスリップした江戸時代で脚気予防のために考案したことになっており、そのレシピを再現した商品。
2011_0604画像0012.JPG

日曜の夜に放送されている「JIN-仁-」、江戸時代にタイムスリップした脳外科医の南方仁が充分な医療器具もない中で江戸の人々を病から救っていくといった突拍子もないストーリーだが、なかなか面白くて第1編から毎週見ている。
2009年に第1編が放送され、今年の4月から続編が放送されている。

時代劇、愛、人情といった題材にSF要素を加え、更に坂本龍馬、勝海舟と言った歴史上の人物も登場させると言った様々な内容が盛り込まれたドラマだが、全てが上手く構成されて不自然さを感じさせない。
また、哀調をおびたメロディーをバックに現代の東京の景色がフェードアウトして昔の映像が現れるといったオープニングも琴線に触れる。

同じ日曜日の夜に放送されている大河ドラマ「江」が期待外れだっただけに、このドラマは毎週楽しみにしている。

posted by 酔〜いどん at 23:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 小説・映画・テレビ・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする