2011年09月19日

ランニング雑誌に思う

前回のブログに「久しぶりにランナーズを買ってみるかな」と書いたが、月刊誌の「ランナーズ」を買わなくなり10年ほど経つと記憶している。

最近のランニングブームを反映して、書店のスポーツ雑誌コーナには様々なランニング雑誌が並べられている事も珍しくないが、自分が走り始めた1986年頃はランニング雑誌と言えば月刊誌の「ランナーズ」と「City Runner」のみだった。

P9190013.JPG

当時は今の様にインターネットが普及しておらず、両誌の巻末に掲載されている全国の大会開催情報一覧が、レース参加申し込みの契機となる唯一の手段。
昼休みに社内のランニング仲間が集まり、雑誌を見ながら次に参加する大会を決めていたのもこの頃。
ランニングに関する情報に飢えていたので、両誌が発売される毎月22日が待ち遠しかった。

その後、2000年に「City Runner」が突然廃刊になり暫くは「ランナーズ」のみの期間が続いていた筈だが、その後ランニングブームが到来し様々なランニング雑誌が書店に並ぶことになる。

走り始めて最初の10数年でランニング関連の雑誌、トレーニング本は読み尽してしまった感があるが、もし、インターネットが普及していなければ、今でも「ランナーズ」の購読者を継続し毎月の大会情報を楽しみにしていたと思う。

上の写真は、手前から
@City Runner 1987年3月号
  ・24年前、自分が走りだして間もない頃の発売
Aシティランナー1984年10月号
  ・表紙が、City Runnerでなくシティランナー
Bランナーズ2000年3月号

posted by 酔〜いどん at 13:47| Comment(4) | TrackBack(0) | ランナーズブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

浦佐温泉耐久山岳マラソン

所属する走友会の会長の招きで、浦佐温泉耐久山岳マラソン(ハーフの部)に参加。

台風12号の影響が心配されたが、新幹線が大清水トンネルを抜け新潟に入ると、青空が覗く好天気。

浦佐駅で降り、大会会場近くの会長の実家ですばやく着替えをすませ、スタート地点へ向かう。
参加者は千数百名、山岳マラソンと言う事でこの先コース上にどの様な景色が待っているか楽しみになる。

スタートして暫くは田園地帯の緩やかな登り道を走り、3Km地点からいよいよ山に入りひたすら坂道を登る。谷越しに見える先を行くランナーの姿に、自然の中を走っている実感が沸いてくる。

P9040011.JPG

5Km付近で灯りも無い暗闇状態のトンネル(青の洞門)を通過した後は、一旦4Km程の長い下り坂が続く。
自然に足が前へ出るほど良い傾斜の下り坂を快適に走るが、下れば当然登りが待っている。

11km過ぎから14Km迄は思わず歩きたくなる様な急登が続くが、たまたまこの区間で一緒になった福田六花さんの姿が励みになり、小刻みながらも走り続ける。
六花さんはカメラ片手にランナーの姿を撮りながら余裕の走り。少し並走しながら話を伺うと「ランナーズに掲載する写真を撮りながら走っている」との事。
自分が載っている確率は殆ど無いと思うが、久しぶりにランナーズを買ってみるかな。

乗越となる15Km地点からは、眼下に緑の稲田、正面に越後の山々を眺めながら、浦佐の町を目指して3Km程の急坂を一気に下る。

P9040022.JPG

下りきった所にある毘沙門堂前で応援していて頂いていた会長の奥様からの「お風呂沸かして待っていますよ」の声に励まされ、ヨレヨレになりながらも残りの3Kmをゴール目指して走りきる。
ゴールタイムは2時間4分、ゴールに用意された「八色すいか」の味は格別。

私がヨレヨレでゴールした後、同じコースを2周するフルマラソンの部に出場しているカヤッチさんがゴール地点を通過して、2周目の走りに挑んでいく。
※この後、彼女はペースダウンする事なく再び厳しいアップダウンを走り続け、フルマラソン女子の部で見事に入賞。

ゴール後は会長の実家で、今回一緒に参加した、S藤さん、ヨッシーの父さん、S内さんに入賞したカヤッチさんを交え、ラン談義に華を咲かせながらすっかりご馳走になり寛がせて頂く。
会長、奥様、どうもお世話になりました。

posted by 酔〜いどん at 21:53| Comment(5) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする