2012年02月26日

ふかやシティーハーフマラソン

曇り空だが風の無いマラソン日和りに恵まれ「ふかやシティハーフマラソン」を走る。

最近は体調が少しすぐれない事もあり、目標を思い切り落としてザックリ2時間以内のゴールを目指すが、参加証と交換したゼッケンは陸連登録の3桁ナンバー。
陸連登録選手はスタート時に前列に並ぶ事が出来るのだが、今の走力ではスタートしたとたんに、一気に数千人のランナーに追い抜かれてしまう。
と言うことで、最後方の「ゴールタイム、1時間45分以上」のプラカードの後に並び、一般ゼッケンの皆さんと一緒にスタート。
P2260011-2.JPG

序盤からペースを抑えて周囲を走るランナーの流れに乗っていると、5Km付近の沿道にイサムくんの姿。応援の声がかかると思いきや、「どんさん、遅いよ!」の叱咤がとぶ。
タイムを確認すると6分/Kmを超えるペースになっている。
ハーフを2時間以内でゴールする為には5分40秒/Km以内のペースを維持しなくてはならないので、確かに遅い。

叱咤を受け、心もちペースを上げるが中間地点の通過が1時間1分。
どうにか2時間以内は目指したいと、更にペースをあげるうちに身体が徐々にスピードに馴染み始めて軽くなり、そのままの感覚を維持しどうにか1時間53分17秒でゴール。
数年前の記録と比較すると見る影もない程のタイムだが、いつもと変わらない心地よさに満たされてのゴール。

今回も大会後はチームぐんたまの皆さんと、M邸の庭でビールを飲みながら寛がせて頂き、締めは健康ランドで汗を洗い流し再び飲んで・カラオケと楽しい休日を満喫。

posted by 酔〜いどん at 20:32| Comment(4) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

春遠からじ

昼前から寒さが一気に緩み、風もなく穏やかな日和。
買い物の途中で少し回り道をして、荒川沿いにある蝋梅の記念樹林に立ち寄り、青空に映える黄色の花とほのかな香りを暫く楽しむ。

P2190023.JPG
posted by 酔〜いどん at 17:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

「とちひめ」の甘さ

栃木県に住む息子夫婦の誘いで、家族揃っていちご狩りに出かける。

栃木産のいちごと言えば「とちおとめ」がよく知られているが、今回のいちご狩りは「とちひめ」と呼ばれる品種。
「とちひめ」は果肉が柔らかく出荷が難しく、その甘さを味わう事が出来るのはいちご狩り園に限られているらしく、訪れた農園でも「とちひめ」は予約制になっている。
とち姫.JPG

タイミング良く数日前のNHK「ためしてガッテン」でいちごを甘く食べる技を特集しており、番組の中でいちご狩りの時に甘いいちごを見分ける方法として「糖分が一杯に詰まったいちごは、表面に裂け目が出来ている」と紹介されていた。

この情報を基にハウスの中でさっそく表面に裂け目が入ったいちごを探してみるが、品種の違いにもよるのか見つける事が出来ず。
ただ、「とちひめ」に関してはその様な技は必要ない様で、赤く色づいたいちごはどれを採っても果汁が口から滴り落ちるほどジューシーで甘く食べ応えがあり、どちらかと言えば普段は好んでいちごを食べない自分だが、結構いけてしまう。

ハウスの中に置かれた蜂箱から飛び出した蜜蜂に娘が刺されると言ったチョットしたアクシンデントはあったが、農園の方に丁寧に手当をして貰い楽しくいちご狩りを終える。

posted by 酔〜いどん at 16:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

春の息吹を探して走る

そろそろ福寿草の開花を見ることが出来る事を期待して、森林公園のマラソンコースを走る。と言っても、春の息吹を探しながらなので、何度もコースをそれての道草ラン。

公園南口をスタートして梅林公園にさしかかると、期待通りに福寿草があちこちで黄色の花を咲かせている。
梅の蕾はまだ小さく固そうだが、梅林が白や紅の花で覆われるのも間近な気配を感じる。
P2040020.JPG

2キロ程走り運動広場に出ると、市民ランナーや陸上部選手の走る姿が目に入る。
来週は公園内のコースを走る森林公園完走マラソンが開催されるので、試走を兼ねたランナーもいるのだろう。

運動広場を過ぎてからは故意に雑木林の落ち葉を踏みしめながら小道に入ったり、気ままな走りで公園を周回し良い汗をかく。

まだまだ豪雪で苦労されている地方の方々の大変さは気懸りですが、立春を過ぎると何処かに春の息吹がないか探したくなってしまう。
P2040015.JPG
posted by 酔〜いどん at 19:36| Comment(4) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

「小川の辺(ほとり)」

映画に関する記事が続くが、今週は藤沢周平原作の小説を映画化した「小川の辺り」を観る。と言っても、昨年公開された作品なのでDVDによる鑑賞だが、観終えた後もしばらく余韻に浸れるいい作品だった。

藤沢周平原作の小説で映画化された作品は、「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」「武士の一分」「蝉しぐれ」「山桜」「花のあと」「必死剣 鳥刺し」と7作品を観たが、「小川の辺」も他の作品と同様に印象に残る秀作だと思う。
登場人物の情感を上手く描写した脚色と配役、日本の原風景を思わせる自然も絡め、全編を通して丁寧に撮られた映像に魅了されてしまう。

「小川の辺」は藤沢周平の短編集に収められているとの事だが、ここはやはり原作の小説も読んでみたい。
川.jpg
posted by 酔〜いどん at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説・映画・テレビ・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする