2012年11月25日

行田駅伝競走大会、絶好の駅伝日和でした。

小春日和の穏やかな青空の下、行田市総合公園と周囲の田園を走る「行田駅伝競走大会」に参加。

全5区間を繋ぐメンバーは、1区(高校時代陸上部の大学生)、2区(ヨッシーの父さん)、3区(高校時代陸上部の大学生)、4区(TAKUTAKUさん)、5区(自分)。
本来はカヤッチさんが3区を走る予定だったが、一昨日の大田原マラソンで足に大きなマメを作ってしまい、今日は応援で参加。
オーダーを見ると、アンカーの自分が見事にどんでん返し(悪い方へ)を起こしてしまいそうな布陣。

とは言え、遅いなりにもベストな走りが出来る様に、めずらしくウォーミングアップに精を出し心拍数を一度あげておく。

DSCN0567.JPG

1区間が周回コースになっている為に、先行するメンバーを応援しながら自分の出番を待つ。
やがて、リレーゾーンのある直線に4区で後続を引き離したTAKUTAKUさんの姿が現れ、カヤッチさん手作りの襷を受け取り走り出す。

序盤は抑え気味に入るが、1Kmも走らないうちに後方からランナーの足音と息づかいが迫ってくる。「ここは抜かれるだろうが、序盤だから無理せずに行こう」と考え、農道の端に寄りコースの中央を空ける。
ところが追い抜いて行く気配が無いので「背後に着き、後半で仕掛けてくるのかな」と思いながらペースを維持して様子を窺う。

コースが田んぼの農道なので見通しが良く、コーナーを曲がった直後に斜め後方を確認すると追い上げて来たランナーとの距離が開いている。その後、コーナーを曲がる度に後続との距離が広がり、抜かれる心配はなくなる。

公園に戻ってくると重い体重に息づかいも苦しくなるが、どうにか最後の園内1周(約1Km)もペースを維持しながら走り抜いてゴール。タイムは3.09Kmを13分23秒。
体重が5キロ増えお腹が出た状態でのキロ4分19秒のラップタイム、自分で自分に花丸をつけても良いでしょう。

駅伝終了後は皆さんとスポーツ文化公園へ移動し、クーリングダウンを兼ねて10Kmのジョギングで並走会を楽しむ。

posted by 酔〜いどん at 17:23| Comment(4) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

晩秋の長閑なラン

朝から北風が少し強かったが快晴に恵まれ、のんびり走っていると小春日和の様な晩秋のスポーツ文化公園。
のんびりついでに、気ままにジョギングコースをそれてコンデジで紅葉を撮りながら走る。

DSCN0538.JPG DSCN0548.JPG

本当は紅葉した欅並木を撮るつもりだったが、期待した欅は吹く風に次々と木の葉を落とされて冬の装いに変わり始めてしまっていた。
posted by 酔〜いどん at 14:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

去りゆく秋

「今年は秋がなく、夏からそのまま冬に向かっている様だ」とよく耳にするが、確かに1ヶ月程前には未だ半袖で過ごせる日があった様な気もするので、一気に冬に向けて季節が移っていく実感がする。

秋を代表するコスモスの花も、例年より開花が遅いかなと思う間もなく終わりを迎えている。
先週末、田舎から来てくれたカミさんの母を案内して出掛けた荒川河川敷のコスモス畑。

DSCN0409.JPG

晩秋の日差しに淡く霞んだコスモスも、写真の二日後には刈り取りが始まり次第に秋が去っていく。
posted by 酔〜いどん at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

今年も東日本実業団駅伝を観戦

今日は那須塩原ハーフマラソンにエントリーしていたが、足の故障とカミさんの母が孫に会うために田舎から来てくれていることもあり、残念ながら参加を取りやめる。

その代わりと言う訳ではないが、故障のリハビリを兼ねてスポーツ文化公園内をウォーキングする合間に東日本実業団駅伝のゴールを観戦する。

競技場内で観戦した女子、スタンドの声援を受けながらトップでゴールしたのがユニバーサルエンターティメントの堀江知佳選手。彼女はマラソンではいつも上位を走り、テレビ中継でも顔なじみのランナーだけに声援にも熱が入る。
DSCN0364.JPG

次々とゴールする女子ランナーの走りを観戦した後は、暫く置いてゴールする男子ランナーの応援を兼ねて17号線バイパス付近までコースを逆走(歩)する。
選手の到着を待つこと暫く、熊谷市街へ通ずる通りにTV中継車が見えたかと思うと、白バイに先導されたトップの松宮隆行選手(コニカミノルタ)が目の前を走り過ぎてゆく。

東日本実業団駅伝のコースが変更になり、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場がゴールになって5年目。那須塩原ハーフマラソンは走れなかったものの、今年も秋晴れの下を颯爽と走る一流選手の姿を堪能する。

posted by 酔〜いどん at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする