2013年05月26日

横浜観光マラニック

♪はじめてよ二人して港へと来て見たの〜、と言った歌詞で始まる天地真理の歌があったが、歌のイメージとはかけ離れた男二人してはじめて港を走る。

JR根岸駅〜三溪園〜港の見える丘公園〜山下公園〜赤レンガ倉庫〜横浜みらい21〜横浜スタジアム〜石川町(恵びす温泉)、最後は中華街で生ビールコースをニャ〜スさんと走る。

横浜@.JPG

スタート地点のJR根岸駅に降りた時は薄雲に覆われて肌寒く感じる天気だったが、暫く走ると雲が切れて陽が射し始めマラニック日和になる。

最初に立ち寄ったのが「三溪園」。
明治時代に横浜の実業家によって造られた日本庭園で、京都から移築された寺院や合掌造りの民家等が自然の地形を上手く活かして池を囲む様に点在し、見応えがある。
園内では「さつき盆栽展」も開催されており、さつきの品種に詳しいニャ〜スさんの解説を聞きながら、展示されているさつきの様な見事な花を咲かせるまでの苦労に感心することひとしきり。
横浜A.JPG 横浜B.JPG

三溪園を散策した後は本牧通りを暫く走り、途中で右折して「みなとの見える丘公園」に続く坂道を上る。
「みなとの見える丘公園」の園内はバラの花が見頃を迎えており、三溪園の景色から一転して、洋風の園内を彩る花が眩しく華やかに見える。
高台から見下ろす港の景色に、海のない栃木・埼玉に住む二人で港横浜に来た事を実感。

「みなとの見える丘公園」を下り、いよいよ山下公園へ。
潮風に吹かれながら横浜港を走る姿を想像していたが、港に沿った山下公園内では様々なイベントが開催されておりとても走れる状態ではなく、ドラゴンボートレース等を観戦しながらゆっくりと移動。
船の甲板の様に床(客船ターミナルの屋上)が木張りになっている「大桟橋」を先端まで往復するが、砂丘の様に大きくうねる形状に敷きつめられた板張りに芝生が上手く配置されたデザインに感心してしまう。
横浜C.JPG 横浜D.JPG
横浜E.JPG 横浜F.JPG

この後は、赤レンガ倉庫、みなとみらい21と言った再開発された観光名所を巡って山下通りを南へ走り、デーゲームを観戦する入場者で賑わう横浜スタジアムを通り抜け、ゴールの「恵びす温泉」に到着。
一見銭湯の様だが浴場内には日帰り温泉の様に様々な湯船があり、入浴料450円はコストパフォーマンスが良い。
温泉で汗を洗い流した後は中華街で店頭のメニューを見ながらブラブラし、入った店で中華料理のバイキングをつまみに生ビールで乾杯、あれこれと歓談しながら今回のマラニックを締める。
横浜G.JPG 横浜H.JPG

今回のマラニックは、昨年の今ごろ隅田川・お台場方面を走った時に「次は横浜が良いね」と話していたのがようやく実現。
距離は15キロ程度と短かったが、前回と同様に一日で色々なところを走り(歩き)巡り、二人で途切れる事のないおしゃべりを楽しむ。
ニャ〜スさん、どうもお世話になりました。

posted by 酔〜いどん at 16:33| Comment(7) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

「八重の桜」ではなく

NHK大河ドラマの「八重の桜」も毎週見ていますが、これは綺麗に咲いた八重桜です。
(2週間前に伊香保で)

DSCN1366.JPG

DSCN1370.JPG

posted by 酔〜いどん at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

「母の日」に聞く母の声

今年も母の日と言うことで。
カミさんには「いつもお世話になっております」

DSCN1460 (2).jpg

田舎の母親にもささやかながら贈り物を送ったところ、期せずして先ほど電話が掛かってきた。
93歳の高齢で耳も遠く、大きな声で話かけても会話の半分もなりたたなかったが、母の日に元気な声を聞くことが出来たのが嬉しい。

posted by 酔〜いどん at 19:04| Comment(7) | TrackBack(0) | 日々の記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする