2013年08月25日

頭の体操

先日の体操つながりの話題と言うことで。

腰痛が完治しない事もあり最近はランニングの走力が落ちているが、頭の方も歳を重ねるにしたがい記憶力の衰えが顕著になっている。
ドラマに登場する俳優の名前が思い出せずに、それが気になりモヤモヤ感を残したまま番組が終わってしまうこともしばしば。

少しは脳の経年劣化を防ぐ効果があるかなと思い、頭の体操を兼ねて久しぶりに資格試験に挑戦している。
若い頃は勢いで各種の資格取得に挑戦したが、試験から遠ざかり随分と経つ。
と言うことで、今回は仕事を離れて身近な知識習得も兼ねて「家電製品アドバイザー資格」の受験を目指している。
過去の合格率が40〜50%と比較的高いので少し頑張れば大丈夫かなと思っているが、冒頭にも書いた様に衰えつつある記憶力をどこまで補う事が出来るかが課題。

受験対策の通信教育を3ヵ月間受講し、試験日まで残すところ半月余り。あとは集中して暗記に取り組み、人事を尽くして天命を待つ(少し大袈裟?)。

合格のあかつきには、パソコン・テレビ等の家電製品購入時のよろずご相談に乗れるかも。
DSCN1913.JPG
posted by 酔〜いどん at 15:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

盆休み

「お盆休みをふるさとや行楽地ですごす人たちの帰省ラッシュで、高速道路は・・・」と、例年通りのフレーズが流れていたテレビのニュースも、昨日あたりから、「お盆休みをふるさとや行楽地ですごした人たちのUターンラッシュで、・・・」に変わり始めている。
このお決まりのフレーズ自体も、日本の風物詩に組み込まれている様な気がする。
(行楽地ですごす人たちもなぜ帰省ラッシュなのか、少し疑問は残るが)

今年は帰省の予定はないが、お盆に合わせて昨日から休暇をとり午前中はスポーツ文化公園へランニングに出掛けている。

DSCN1915.JPG

蝉の声を聞きながら猛暑の中を走るのは言うまでもなく堪えるが、休み後半の明日からは赤城山での合宿が待っている。
標高1,400mの涼しさを体感しながら走り、夜は飲み、この猛暑を乗り切る英気を養えそうかな。

posted by 酔〜いどん at 13:34| Comment(4) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

朝のラジオ体操

♪新しい朝が来た、希望の朝だ、喜びに胸を・・・

「朝のラジオ体操」の冒頭に流れてくる元気な歌を、毎朝通勤電車の中で聴いている。
と言っても、携帯ラジオのチューニングをNHKに合わせているので6時30分になると自然にこの曲が流れてくるのだが。
番組が始まると、アナウンサーの声に合わせて、頭の中でラジオ体操第1、第2の振り付けを思い浮かべながら、頭の体操を?

ひまわり.jpg

ところで、夏休みに入ってからはラジオ体操の会場が全国各地を巡回している様で、毎朝異なる場所から放送されている。

昨日もいつもの様に聴いていると、「今朝のラジオ体操は、三重県いなべ市からの放送です」と、アナウンサーの元気な第一声が耳に入ってくる。
偶然にも、自分が生まれ育った故郷からの放送(当時は員弁郡と呼んだが)。
続いて「ここ三重県いなべ市は、西に鈴鹿山脈がそびえ、目の前には緑の田園風景が広がっています」と紹介されると、一気に故郷の夏景色が頭の中に広がる。

この日は、鈴鹿山脈を仰ぎながら夏空の下でラジオ体操をする参加者を思い浮かべ、暫く故郷に思いを馳せながらの通勤になった。

posted by 酔〜いどん at 22:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 故郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

故事にちなんで

源平の戦い(屋島の合戦)で、下野国(栃木県)ゆかりの那須与一が、平家の小舟に立てた扇の的を射抜いたと言う故事を再現して、毎年8月に日光中禅寺湖で「扇の的弓道大会」が開催されている。

今年は息子夫婦が揃ってこの大会に出場した為、孫の守りをしながら観戦する。

DSCN1843.JPG DSCN1873.JPG

中禅寺湖に浮かべた小舟上の扇の的を狙って数十名の射手が一斉に矢を放つと、解き放たれ矢が次々と湖上を飛んでいく。
流石に全体の的中率は低い様だが、立て続けに扇を射止める選手もいて、矢が扇に当たる軽やかな音が会場に響き渡る。

袴姿で矢を射る射手の立ち振る舞いに、普段の生活から少し離れた日本の伝統を感じながら競技を楽しむ事が出来た。
posted by 酔〜いどん at 22:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々の記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする