2015年03月29日

地元の文化財を訪れる

以前から熊谷市内に「根岸家長屋門」と呼ばれる史跡があることはガイドマップ等で知っていたが、訪れたことは無かった。
ところが今月号の市報に、この長屋門を構える「根岸家」が、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」に登場する久坂玄瑞、小田村伊之助(後に、熊谷県の県令となる楫取素彦)と交流を持ち、両名が滞在したと紹介されていたことから出掛けてみる。
※ドラマでは両者を東出昌大と大沢たかおが演じている。

P1030825.JPG

長屋門は、江戸時代に建造された建物で数年前に補修工事が行われている。
長屋門に入ると、江戸末期に尊王攘夷派の志士と交流を持った根岸友山(ねぎしゆうざん)ゆかりの品も展示されており、久坂玄瑞からの書状が眼に留まる。
友山の一生を紹介するDVDとテレビが置かれていたので、30分余りのDVD(と言っても、内容は紙芝居風)を鑑賞。

今回知ることになった根岸友山の一生を少し紹介させて頂くと、
裕福な根岸家に生まれた友山は子供の頃から文武両道に励み、剣術は北辰一刀流の千葉周作に学び、16歳の時にこの地域の名主の地位を引き継ぐ。
名主として治水事業に尽くすが、荒川堤の修復に関する騒動で農民勢を弁護したことから幕府から「江戸十里四方追放刑」の処罰を受けることになり、十数年後にようやく放免されて村に戻る。
その後、長州藩や尊王攘夷派の志士と交流を持つ様になり討幕に身を投じていく事になる。この頃、友山は既に54歳。
一時京都で新撰組(佐幕派)の近藤勇らと行動を共にしており複雑な時期もあるが、激動の幕末を討幕に身を捧げ生き抜いたあとは村政に尽くしたとされている。

ひょんなことから、ドラマ「花燃ゆ」につながる人物が熊谷の地にいた事を知り、身近にある地元の文化財を興味深く訪れる機会が持てた。
posted by 酔〜いどん at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 史跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

第25回熊谷さくらマラソン

今年の熊谷さくらマラソンは春本番のポカポカ陽気になり、早咲きの桜が満開の会場は一足先にお花見日和といった雰囲気。

今年も短めの10Kmの部にエントリーしたのでスタートの10時35分までタップリ時間がある。
9時12分スタートのハーフの部にエントリーしているチームぐんたまの皆さんのスタートを沿道から見送り、9時20分スタートの5Kmの部を走る長女夫婦と二女のスタートとゴールを応援し、ようやく10Kmの部のスタート。

P1030805.JPG

この1ヶ月余りは毎週末に用事が入り全く走っていないこともあり、最後尾の集団と一緒にスタート。
スタートして暫く走ると、「頑張ってください」と声をかけながら女性ランナーが隣を追い抜いていく。
視線を横にすると招待ランナーの渋井陽子選手。期せずして周囲から歓声が湧き起こる。
無理をせずにのんびりペースを維持し、沿道からの応援に応えながら星川沿いに熊谷市街を走り抜け、
再び熊谷運動公園へ戻りゴール。

60歳になり初めて手にした完走証に印刷された文字は「男子60歳以上、記録1時間4分29秒」。
記録はともあれ、30歳代前半から走り始めてついに60歳代まで30年近く走り続けることが出来た事に感謝。

ゴール後は参加メンバーで車座になり恒例の花見を楽しむ。
暖かい春の日差しを浴びながら歓談しているうちに会場を埋めつくしていたランナーも次々と去り、そして誰もいなくなる・・・。
P1030811.JPG
posted by 酔〜いどん at 19:15| Comment(5) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

旧友(級友)との再会

先週末、故郷で小学校の同窓会が行われ帰省する。
無邪気に遊びまわっていた男の子・女の子も還暦を迎え、来たる長寿社会を健康に過ごせる様に「お伊勢さん参り」を兼ねた同窓会。

同窓会の為にチャーターされた貸切バスに次々と乗車してくる級友の顔は、最初こそ「誰だっけ」と思うが、次第に昔の顔とオーバラップして懐かしさが込み上げてくる。
昔話や近況話に花が咲き、当時の様に下の名前で○○くん、○○ちゃんと呼び交う声が賑やかさを増し、バスの車内がそのまま教室に戻った様な雰囲気に満たされてくる。
当時と異なるのは、給食に出たアルミカップのミルクがアルミ缶ビールに変わったことか。

P1030704.JPG

伊勢に到着し習わしにしたがい先ず外宮から参拝し、再びバスで移動し内宮へ。
内宮では神楽殿に入り、雅楽の生演奏に合わせて巫女さんが舞う儀式を眺めながら全員で御払いを受ける。(直接畳に正座したままの30分が堪え、ご祈祷が終わった頃には足の感覚がなくなっていたが・・・。)

参拝後は観光客で賑わう「おかげ横丁」を散策しながら名物の「赤福餅」「へんば餅」を土産に買い帰路につく。自分はその日のうちに埼玉へ戻らなければならないので、途中の四日市駅に立ち寄ってもらいバスを降り、再会を約しながら皆と分れる。

お互いに仕事のことは殆んど話さずに、とにかく皆が昔に戻って楽しもうとした一日。
珠玉の一日の余韻に浸りながら、ひとり新幹線の車内でまた缶ビール。

posted by 酔〜いどん at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 故郷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする