2016年12月30日

真田丸 真田家ゆかりの地巡りを振り返って

今年の大河ドラマ「真田丸」もついに最終回が終わり、今日放送された総集編であらためて物語りを振り返る。
この一年は真田丸に嵌り、ドラマの進行に合わせて数々の真田家ゆかりの史跡等を訪れる。

3月6日:神流川古戦場(埼玉県)
4月9日:潜龍院跡、岩櫃城跡(群馬県)
4月30日:箕輪城跡(群馬県)
5月28日:真田氏館跡、真田氏本城跡、砥石城跡、米山城跡、上田城跡(長野県)
6月4日:江戸東京博物館「真田丸展」(東京都)
6月12日:名胡桃城跡、沼田城跡(群馬県)
6月25日:宇都宮城(栃木県)
7月2日:鉢形城跡(埼玉県)
7月17日:忍城跡(埼玉県)
9月3日:薬師堂(犬伏)、小山評定跡(栃木県)
10月29日:勝願寺(埼玉県)
11月10日:九度山(和歌山県)、真田丸跡(大阪)
11月11日:大阪城、天王寺(大阪)
11月12日:二条城(京都)              

ドラマのオープニング映像に登場する奇岩に覆われた岩櫃山に興味をそそられ、暖かくなったら出掛けてみようと思ったのが「真田家ゆかりの地巡り」の始まりだった。
その後、どの史跡もなるべくウォーキングとジョギングを組み入れて訪れたこともあり、アプローチの景色と一緒に記憶が蘇ってくる。
ドラマとゆかりの地巡りのコラボレーションを楽しんだ一年間だった。

P1030125.JPG

来年の大河ドラマ「井伊直虎」、既に小説を読み物語のあらすじは分かっているが、どの様なドラマになるか今から楽しみにしている。
posted by 酔〜いどん at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 史跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

真田丸O 天王寺

大河ドラマ「真田丸」もいよいよ次回の放送が最終回。
大阪夏の陣、天王寺口の戦いにおいて真田幸村が最期を遂げることになる。

実は大阪を訪れた時に、通天閣へ向かう為に天王寺駅で降りて天王寺公園内を通り抜けたのだが、不覚にも、公園内に真田幸村が本陣を置いた茶臼山と近辺に幸村終焉の地があることを全く知らずに歩いていた。
(茶臼山は、大阪冬の陣では徳川家康が、夏の陣では真田幸村が本陣を置いている)

大阪方面へ出掛ける前の下調べ不足と言うか、とにかく「九度山」と「真田丸」に行ってみたいと言う気持が強く、幸村終焉の地まで調べるに至らなかった。
ドラマが進み、夏の陣に関する情報を調べているうちに、天王寺口の戦いのことを知る。
もし事前に調べていれば、公園内にあるゆかりの史跡をじっくりと散策したのだが。

しかし、偶然とは言え、自分で設定した観光ルートの途中で幸村激戦と終焉の地の景色を目に入れることが出来たのは、一年間かけて数々の真田家ゆかりの地を巡ってきた自分に、ちょっとした運が導いてくれたのかも知れない。

写真は、天王寺公園と通天閣
CIMG0087.JPG
posted by 酔〜いどん at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 史跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする