2015年08月29日

本を選ぶ楽しさ

「飛ぶが如く」をお盆に読み終えて、2週間ほど前から山岳小説「南極風」(笹本稜平:著)を読んでいる。
ニュージランドの名峰アスパイアリングで起きた遭難事故により罪をきせられた主人公が取調室で冤罪を主張する場面と、遭難に至るまで様子が交互に描かれストリーが展開していく。
なかなか読み応えがあり、どの様な結末が待っているか楽しみにしている。

P1040607.JPG

話は変わって、通勤電車内で読む本を求めて目についた本屋へ立ち寄ることが多いが、6月の異動で最寄駅になった駅ビル内の本屋が気に入っている。
売場面積は中規模だが、特色のある本屋で電車の待ち時間があると立ち寄り、ぶらぶらと書棚を物色している。

本屋では主に新刊・ベストセラーや人気筋の本が平積みにして並べられているのが一般的だが、この駅ビルの本屋は一味違った本が平積みになっている。
上手く言葉では言い表せないが、「店主の私が面白そうな本を選んで並べています。どうですか、読んでみませんか」と薦めている様な雰囲気がある。

今の時代、Amazonや電子書籍を利用すれば本屋へ足を運ぶ必要もなく読みたい本を手に入れることが出来るが、特色のある本屋の店内で思いがけず面白そうな本に遭遇するのも楽しい。
posted by 酔〜いどん at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説・映画・テレビ・鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山を始めた頃、山岳小説を読みまくりました。
楽しかったなあ〜。
勉強になる事も多かったのでまた読み直したい気分、です。
Posted by やまとそば at 2015年09月07日 19:48
先日、本屋で新田次郎の「チンネの裁き」が目に留まりました。
数十年ぶりにもう一度読んでみようかと思いましたが、途中で結末を思い出すと興味薄になりそうなのでやめました。

今は、29歳の若さで亡くなった天才棋士「村山聖」の生涯を描いたノンフィクションを読んでいますが、次に山岳小説「未踏峰:笹本稜平著」が既に購入済みで控えています。


Posted by 酔〜いどん at 2015年09月08日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424993145
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック