2017年04月23日

奥の細道を辿るA 越谷〜幸手

第2回目は、越谷〜幸手までの約25キロを歩く。

前回のゴールJR武蔵野線「南越谷駅」を午前8時にスタート。
旧日光街道の県道49号線を暫く北上し、途中の分岐点から左の県道325号線を進み越谷市街地に入る。旧家に越谷宿の面影を残す通りを抜けて元荒川を渡ると北越谷。
北越谷駅前を過ぎた付近で左手に元荒川の堤防が見えてくる。

CIMG1029.JPG CIMG1031.JPG

元荒川は名前の通り元は荒川の本流だったが、1629年(寛永6年)に現在の熊谷市久下で荒川を堰き止めて流れを入間川方面に変える工事が行われたことから、今は元荒川と呼ばれている。
この川の起点が熊谷市ということもあり親しみを感じる。

旧国道4号線と合流した旧街道を春日部市へ向かうと、旧街道が再び春日部市街へ分岐する三叉路に東陽寺が現れる。
東陽寺は、深川を出発した芭蕉と曽良の第一日目の宿泊地とも言われおり、境内には曽良の旅日記の一文「廿七日夜 カスカベニ泊マル 江戸ヨリ九里余」が刻まれた碑が建てられている。

CIMG1037.JPG

春日部市は旧粕壁宿があった地で、旧街道沿いの随所に宿場町散策コースの標識が立てられており、昔の面影を残す建物には案内板が掲げられている。

CIMG1041.JPG

写真は旧街道の道標で「東江戸、西南いわつき」と刻まれており、裏側を見ると天保五年の文字が読めることから、その当時に建てられたと思われる。

再び旧国道4号線と合流し国道16号線を越えると、左手に見える山門(仁王門)に目が留まる。
入口の案内板に、寺の名が小淵山観音院で芭蕉の句碑や七体の円空仏があると書かれている。
仁王門をくぐり境内に入ると芭蕉の有名な句「ものいえば 唇さむし 秋の風」が刻まれた碑がある。
本堂と境内にある「役ノ行者神変大菩薩(えのぎょうじゃじんべんだいぼさつ)」に賽銭をあげてお参りし観音院をあとにする。
※帰宅後に市のホームページ等で詳しく確認すると、円空仏は県の博物館に寄託されており、観音院で行われる円空仏祭に公開されているとのこと。また、芭蕉は粕壁宿ではこの寺に宿泊したとも伝えられている。

CIMG1052.JPG CIMG1049.JPG

暫くは旧国道4号線をひたすら歩き、分岐点から県道373号線に入り旧杉戸宿を通過する。
旧杉戸宿の外れにある宝性院前の案内地図を見ると、大落古利根川岸近くに芭蕉句碑があることが分かりここにも立ち寄る。
岩を積み上げ富士山を模した富士浅間神社に埋め込まれた自然石の句碑には「八九間 空で雨ふる 柳哉」と刻まれている。

CIMG1063.JPG CIMG1060.JPG

旧杉戸宿をあとにして更に北上し、脚も疲れたてきた頃に旧幸手宿に到着。
今回は東武日光線の「幸手駅」をゴールとする。


posted by 酔〜いどん at 19:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 史跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういう事でしたか。
暫くはリフレッシュができますね。

栃木県近傍を通過する時は是非ご一緒を願います。
Posted by ニャ〜ス7号 at 2017年04月23日 22:52
>栃木県近傍を通過する時は是非ご一緒を願います。

有り難うございます。
5月中に小山を目指し、その後、栃木県内を壬生〜鹿沼〜日光〜矢板〜大田原(黒羽)と、数ヶ月で巡る予定でいます。
ニャースさんの都合が良い時に、是非ご一緒願います。
Posted by 酔〜いどん at 2017年04月24日 19:21
おはようございます。
史跡、旧跡を巡りながらの街道歩きも楽しそうですね。
私も休みの日で山に行かない日は近所を1時間ほど散歩しますが、史跡巡りもいいですね。
Posted by やまとそば at 2017年04月29日 07:30
ついでにカルチョ子さんも誘っときます。
Posted by ニャ〜ス7号 at 2017年04月29日 20:23
>やまとそばさん
車を運転していると全く気付きませんが、歩きだと色々な旧跡・史跡が目につきますね。
案内板を読んでいると興味をそそられる記載があったりして、思っていたより楽しいです。

>ニャ〜スさん
旅は道連れ世は情け。
カルチョコさんも一緒だと、さらに楽しいおしゃべりが出来そうですね。
Posted by 酔〜いどん at 2017年04月29日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック