2011年11月26日

23年間、お世話になりました

23年間お世話になった愛車トヨタタウンエースを7日後には手離さなければならない。
まだまだ乗り続けていたい気持ちは強かったが、老朽化により不測の事態を招く懸念も生まれた為に、止む無く別れの日を迎える事にした。

PB230006.JPG

タウンエースを購入したのが昭和63年12月、昭和時代に製造された車の中で最後の世代に属する乗用車になる。
何といっても、今日まで無事故・無故障で走ってくれた信頼のおける愛車に感謝をしている。

子供達が小さい頃は、家族旅行、盆・正月の帰省、オートキャンプなど家族の思い出作りの一役を担い、中学・高校生に成長すると8人乗りの広さを買われて、クラブ活動の練習や遠征の送迎に活躍してくれた。
また、幾度となくあった息子の引越しの時は、その度に引越し荷物を満載し貨物車としても働いてくれた。
もちろん、マラソン大会の会場へ何度も一緒に足を運んだ。

愛車との23年間の関わりを思い起せば枚挙にいとまがない。

永年走りつくした車だけに中古車として再び走る事はなく、手離した後の行く末に思いを馳せると胸が締めつけられる様な気持ちになる。
ごめんな・・・。

PB230015.JPG
posted by 酔〜いどん at 17:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 愛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

5ヶ月ぶりにガソリン給油

今週末に赤城山で行われる「まる高夏合宿」に出掛ける為に、タウンエースにガソリンを補給し準備を整える(左の写真が給油前)。
最近給油したのが震災直後の3月中旬、一時ガソリンが供給不足となった時期にスタンドに並んで給油したのが最後なので約5ヶ月ぶりになる。

P8140018.JPG P8160031.JPG
この5ヶ月の走行距離が280Km、週末ランの足としてスポーツ文化公園の往復に利用している以外は運転した記憶がない。
また昨年の夏からカーエアコンが故障したままになっている為に、7月、8月はスポーツ文化公園もカミさんの軽自動車を借りて行く事が多く、タウンエースは夏休み状態。

維持費の大部分を自動車税等の税金と保険で占めておりコストパフォーマンスは悪いが、23年間の長きにわたり乗り続けてきただけに(それも無事故、故障無し)愛着もひとしおで、なかなか買い換えの踏ん切りがつかない。

この夏も埼玉・群馬エリアで、首にタオルを巻いた運転手が窓を全開にして走らせているタウンエースを見かけたら、それは間違いなく私でしょう。

※右の写真は、カミさんの軽自動車の走行距離が今日でピッタリ50,000Kmになった記念。

posted by 酔〜いどん at 17:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 愛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

遂に22年目突入

これもレトロと言ってもいい様な話だが。
昭和63年に購入した愛車タウンエースが車検から戻り、ついに22年目に突入。
さすがに今回は、エコカー減税、エコカー補助金(13年を超える車)の適用を受けられる事と、家族からは「オンボロすぎるから新しい車にした方がいいよ」と言われ、買い換えるか迷ったが結局は手放さなかった。

愛ヤの運転席.JPG外観は見劣りするが、高い運転席からの視野と1BOXならではの空間の使い勝手の良さは捨てがたく、また21年間にも亘り故障や事故も無く一心同体の如く走り続けてくれた相棒に愛着もひとしお。

このまま手放すと中古車になる可能性は全く無く、ペシャンコにスクラップされる姿が目に見えている。
と言う事で、新車の広告に心は揺れたが愛車にもう一頑張りをお願いした。

posted by 酔〜いどん at 22:16| Comment(7) | TrackBack(0) | 愛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

愛車20年目に突入


タウンエース.JPG昭和63年に購入した愛車が車検から戻り、ついに20年目に突入。
購入した当時は、まさかこんなに永く乗るとは思ってもいなかったが、この間故障や事故も無く走り続けてくれたタウンエースに愛着もひとしお。

この1BOX型のタウンエースを街中で見かける事も少なくなり、型が旧い為に他車と比べて外観は劣るが、運転性と使い勝手の良さは捨てがたい。子供達が小さい頃はオートキャンプや行楽・帰省に、中学・高校生になるとクラブ活動の選手遠征にと、8人乗りの広さを活用し随分と活躍して貰った。
今の様な寒い時期に、走り終えてから後部座席で楽々とウェアの着替えが出来るのも1BOXならではのメリット。

新車の広告を眺めながら、スタイル・装備の良さに目を惹かれる事もあるが、暫くは今の愛車を手放す気は無い。
サスペンションのへたりから来る骨身にしみる振動も、全身マッサージと思えば。
posted by 酔〜いどん at 20:35| Comment(9) | TrackBack(0) | 愛車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする